美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>抜糸 埋没法

抜糸 埋没法

腫れの少ない抜糸方法
二重術後の抜糸はご相談ください。
他院の糸は、診察で対象となる糸を十分に確認してから抜糸を検討します。
抜糸は、できるだけ腫れないよう、メスによる切開を加えずに行います。
抜糸のダウンタイムとしては、2~3日間以内
腫れてしまうことは希で、小さい皮下出血斑をみることがあります。
個人差はありますが、さほど目立たない跡形で終えるようにしています。

良い抜糸を受けて頂くためには、抜糸の対象となる埋没糸の状態を予測することが大切です。
その理由は、
埋没法の止め方(1点止め・2点止め・3点止め)によって、糸の本数が多かったり、さらに特殊な止め方(多点固定型)をしている二重まぶたでは、糸の走行が複雑になるからです。
その日の診察の結果をふまえ、抜糸可能かどうかの見込みをお答えします。

糸が原因である違和感等の症状を認める方々に対し、少しでも負担の少ない方法を考え、提案します。