美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>眼瞼下垂

眼瞼下垂

まぶたが重く見えにくい眼瞼下垂(がんけんかすい)手術は保険適応
眼瞼下垂とは・・
眼瞼下垂とは・・

2つのタイプ先天的・後天的理由によって、上のまぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなってします疾病の一つで、まぶたが垂れ下がったような状態を言います。


生まれたときから片方のまぶただけがしっかりと開かない、先天性眼瞼下垂がよく知られていますが、現在は長時間のパソコンなどによる目の酷使女性のメイク、またはアトピーなどから後天性の眼瞼下垂が非常に増加しているのです。


顔を正面に向けた状態で、眼を普通に開眼したとき、まぶたが瞳孔(黒目の部分)にかぶさった状態で、しっかりと上まで持ち上げられていない状態を言います。
しかし、人のカラダは代償作用が働き、視野を確保しようとするために、眼瞼挙筋を過剰に働かせることで補ったり、眉を持ち上げたり、アゴを軽く引き上げることで上方の視野を確保してしまいます。
こういった作用は日常的に行われてしまうため、なんとなくまぶたが重く感じ、気がつけば悪化していることも少なくありません。

 
下記のような症状の方は要注意!
  • まぶたが重く感じる
  • 目をよくこする癖がある
  • コンタクトレンズ(ハードタイプ)を使っている
  • 肩こりがある
  • 偏頭痛がある
  • 昔に比べ目が小さくなった
  • おでこシワが多い。深い
  • 上瞼(まぶた)が窪んでいる
  • 眼精疲労が強い
  • 埋没法など過去に美容整形の治療を受けている
  • 夕方になると、目の奥や額部分に痛みや苦痛を感じる
  • 1日のうちパソコンを使う時間が長い
  • 著しい逆まつげ
眼瞼下垂の簡単チェック

自分は眼瞼下垂なのか?簡単にチェックできる方法をご紹介します。

  • ① まず、顔を正面に向け軽く目を閉じて下さい。
  • ② 目を閉じたまま両側の眉の上を人差し指で軽く力を入れて押さえます。
  • ③ 人差し指を押さえたままで目を開ける。

おでこに力を入れないと目を開ける事ができない人は眼瞼下垂の可能性が高いと思われます。
※実際は医師による適切な診断が必要です。

眼瞼下垂の手術法
1.切らない眼瞼下垂手術

細い糸を用いて眼瞼挙筋を短縮する手術です。
皮膚表面と瞼を糸で縫縮して、瞼板と眼瞼挙筋を縫縮します。二重のラインの形成と眼瞼下垂の治療が同時にでき、切開も行わない為、腫れや内出血も比較的軽度に収められるので、あまり治療の跡が目立たない治療です。

2.眼瞼挙筋腱膜短縮法(がんけんきょきんけんまくたんしゅくほう)

一般的な眼瞼下垂の手術方法です。
皮膚表面を切開し余剰な皮膚の切除と挙筋腱膜の縫縮を行います。
この手術の利点は皮膚を切開することで余っている皮膚をしっかりと切除が可能です。

眼瞼下垂の料金表
眼瞼下垂の料金表
眼瞼下垂(まぶたが重く見えにくい)手術・保険適応 ¥21,630

※なお、初診料金820円 処方箋料200円が追加されます(以上、3割負担の場合)

 
腫れない二重、まぶた鼻のプチ整形は、心斎橋東急ハンズ向かいコムネクリニックまで。