美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>腫れない二重まぶた手術

腫れない二重まぶた手術

二重のライン設定
ふたえ手術でいらっしゃった方には、ご希望をかなえるためのふたえのラインに集中します。
睫毛からのラインの高さが、わずか0.5mmの差でもラインのニュアンスが変わることがありますので、慎重にライン設定の準備をします。
再現性を診察で確認して、ラインの再現性をしっかりと確保して、ふたえのライン設定は完了です。
ご希望のイメージにお応えするため、ご希望のラインの打ち合わせに時間をかけます。
左右のまぶた自体に左右差がありますから、生来お持ちの左右差に苦労することもありますが、できるだけ左右のバランスをとるための考慮をしてご本人のOKをいただきます。
コンタクト使用中の方は、コンタクトレンズをつけている状態でふたえの仕上がりラインを見ていただきます、その方が術後のイメージが分かりやすくなるからです。
手術時にはコンタクトレンズは外します。
当日は少しラインがしっかっりめのイメージに感じられ、若干の異物感があることもありますが、通常日に日に自然な感じになって違和感はなくなってゆきます。
極細針を標準使用、腫れない埋没法
極細針を標準使用、腫れない埋没法

顔の印象を決定づける要めの一つは、目です。
一般的に行われている二重まぶた手術の代表的な「埋没法」は、手術技法が簡単で非常に早く終わるので広く行われていますが、糸で留めているだけなので、糸が切れて一重に戻ってしまうこともあるのです。
一重に戻ってしまう期間は人によって違いますが、1ヶ月の方もいれば10年後に外れる方もいます。また、腫れが長引く場合もあるので、注意して主治医を決めることをお勧めいたします。二重でも、するからにはきちんとした説明と勘違いしていない医療技術で対応すべきです。
当院の麻酔は、ごく少量の局所麻酔薬をまぶたに注射します。従来の局麻に比較して、腫れない麻酔です。二重(ふたえ)は、こだわりのある人にこそ、センスや技術が大切です。

極小量の麻酔注射 ほとんど腫れない手術
極小量の麻酔注射 ほとんど腫れない手術

極小量の麻酔注射を丁寧にしますので、ほとんど腫れない手術が可能です。
当クリニックで普段使う極細針と最も細い針(世界最細のエンジェル針)との差は、直径で百分の一ミリです。
エンジェル針とほぼ同等の効果「皮下出血が起こらない腫れない注射の痛みが楽、など」が期待できます。
簡単な注意を守って頂くことで、翌日もまぶたが腫れない便利な手術です。


当院では、二重まぶた・注射にかかわらずに、すべての方に配慮すべく、状況に応じて極細針を使用します。
そうしますと、痛みもなく腫れず内出血も通常ありません


施術は麻酔をした後、まぶたを専用の細い糸で2~3ヵ所留めて、施術時間も15~30分で終了します。
気になるまぶたの印象は、負担の少ない「埋没法」で、気軽に安全に変更できます。
当院の埋没法は、極小量の局所麻酔で、手術の腫れを最小限に抑えます
万一の場合は、もとの状態に戻すことも可能です。

埋没法メリット
  • 施術時間が短い
  • 極細張り使用の為、ほとんど腫れない手術が可能
  • 料金が安価
  • 傷は全くわからない程度になります
  • 元に戻すことも可能

メリットだけを見ればとても魅力的な整形方法ですが、必ずしも安全で確実というわけではありません。
たとえプチ整形でも、行うときは十分に考えてからするようにしてください。

元に戻すための抜糸
元に戻すとき、または、ラインを変えたいときには抜糸を行いますが、完全に元に戻したい場合、長期間放置せずに抜糸をお考えください。
まずは、抜糸相談について診察をします。抜糸が可能な場合、できるだけ腫れないような麻酔と抜糸方法で埋没糸を除去します。
二重まぶた手術料金表
二重まぶた手術料金表
埋没法 片目 ¥42,000
埋没法 両目 ¥73,500
糸はずし(当院)1ヶ月以内 無料
糸はずし(当院)1ヶ月超 ¥10,500
糸はずし(他院) ¥21,000
 
腫れない二重、まぶた鼻のプチ整形は、心斎橋東急ハンズ向かいコムネクリニックまで。