美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

治療 [編集] 腋臭症の治療法は保存療法と手術療法に分けられる。手術療法のいずれにも健康保険を適用することができる。しかしながら、診療報酬の割合と手術の手間の著しい乖離から、民間病院では自由診療扱いで治療する場合が多い。 保存療法 [編集] 腋毛の処理 [編集] 腋毛の処理をすることにより、腋に汗などの皮膚分泌物が多量に保持されるのを防ぎ、また常在菌の培地が減る事により汗などの分解量を軽減して腋臭臭も軽減出来る。脱毛に関しても同じ原理である。但し、腋毛の処理、脱毛も腋臭臭の原因であるアポクリン腺に対し直接作用する訳ではない。また、制汗剤の治療と混合することにより効果は増す。只、腋の皮膚を傷めると制汗剤も使用できなくなる場合があるので、十分な注意が必要である。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

診断 [編集] 診断方法には以下のものがある。 * 切開によるアポクリン腺の確認。 * 耳垢が湿っている。 耳垢が湿るのは、耳の中にあるアポクリン腺からの汗が原因である。耳の中にあるアポクリン腺は幼少の頃から発達しているので、腋臭臭が発生する思春期以前から確認できる。 * 血族に腋臭症の人がいる。 腋臭症は優性遺伝する。片親が腋臭症であると子の約50%に、両親が腋臭症であると子の約80%に遺伝する。 * 専門医の嗅覚による判断。 なお、実際には腋臭症ではないにも拘らず腋臭症と勝手に判断し、自己臭恐怖症に陥っている者が多く見られる。自分で安易に判断せず、形成外科、美容外科の専門医の診断を受けることが望ましい。また、自己臭恐怖症が疑われる場合は、精神科医の診断を仰ぐことも必要である。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
腋臭症 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

腋臭症(えきしゅうしょう)は、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する人体形質で、それを有する個人の属する集団によっては疾患としての扱いを受ける。わきがとも呼ばれる。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

皮膚科学 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 皮膚科学(ひふかがく、英: Dermatology)は、主に皮膚を中心とした疾患を治療・研究する医学の一分科。 外用薬、内服などの内科的治療の薬物療法に加えて、手術などの外科的治療も行う。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

美容外科大阪心斎橋コムネクリニック
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
             
8