美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

一重と二重

ふちに溝がないまぶたを一重まぶた(ひとえまぶた)、ふちが溝があり二重になっているまぶたを二重まぶた(ふたえまぶた)と呼ぶ。また、ふちに溝はあるもののそれが隠れてわかりにくい状態のまぶたを俗に奥二重(おくぶたえ)と呼ぶ。 目の疲労や、風邪などで体調を崩した時に一重まぶたから二重まぶたになったり、また逆に二重から一重になる者もいるが、厳密にはこれらの変化によって起こるまぶたの変化は一重まぶた、二重まぶたの分類には属さない。 東洋においては、一重まぶたよりも二重まぶたのぱっちりとした目の方が魅力的だと考え、一重まぶたをアイプチや美容外科手術で二重まぶたに変える者がいる。白人、黒人はほぼ全員が二重まぶたであるため、二重まぶたを美の基準とする文化はない。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
まぶた 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

まぶた(瞼)は、目を覆い保護する皮膚、筋、脂肪などの身体組織。眼瞼(がんけん)ともいう。 上まぶた(上眼瞼)と下まぶた(下眼瞼)がある。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
心斎橋駅 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

心斎橋駅 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

利用可能な鉄道路線 [編集] * 大阪市営地下鉄 o 御堂筋線 - 駅番号はM19 o 長堀鶴見緑地線 - 駅番号はN16 o 四つ橋線(四ツ橋駅、駅番号はY14) 御堂筋線と四つ橋線との乗り換えは、長堀鶴見緑地線ホーム経由となる。また、四つ橋線のりばは駅名としては別駅扱いだが、中間改札無しで繋がっており、実質的に同一の駅とみなすこともできる。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

長堀橋駅 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 長堀橋駅 長堀鶴見緑地線ホームの壁面 長堀鶴見緑地線ホームの壁面 ながほりばし - Nagahoribashi 所在地 大阪市中央区島之内1丁目 所属事業者 大阪市交通局(大阪市営地下鉄) 駅構造 地下駅 ホーム 各線島式 1面2線 計 2面4線 開業年月日 1969年(昭和44年)12月6日 乗入路線 2 路線 所属路線 堺筋線 駅番号 K16 キロ程 3.9km(天神橋筋六丁目起点) ◄K15 堺筋本町 (1.0km) (0.9km) 日本橋 K17► 所属路線 長堀鶴見緑地線 駅番号 N16 キロ程 3.4km(大正起点) ◄N15 心斎橋 (0.7km) (0.6km) 松屋町 N17► 備考 キロ程・駅間距離は営業キロ。 この表について[表示] この表はテンプレートを用いて表示しています。編集の仕方はTemplate:駅情報をごらんください。 長堀橋駅(ながほりばしえき)は、大阪市中央区にある大阪市営地下鉄の駅。 隣の心斎橋駅とは地下街(クリスタ長堀)で結ばれており、歩いて行く事が出来る。心斎橋駅と四ツ橋駅の間も連絡通路で結ばれているので、さらに四ツ橋駅まで徒歩連絡が可能である。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

様式による分類 [編集] 細胞による分泌は、その物質がどのように細胞から放出されるかという放出様式や、その物質が放出された後で標的となる細胞にどのように到達するかという作用様式によって、いくつかに分類される。 放出様式による分類 [編集] 細胞からの分泌物の放出様式は、以下のように分類される 全分泌(ホロクリン、ホロクライン、holocrine) 腺細胞自体が崩壊して放出される。皮脂腺など。 離出分泌(アポクリン、アポクライン、apocrine) 細胞の一部が出芽してちぎれ放出される。汗腺や乳腺など。 漏出分泌(エクリン、eccrine) 細胞自体は破壊されない。エクリン汗腺や、多くの内分泌腺。 また漏出分泌(エクリン)は分泌機構によって、さらに以下の二つに大別される。 エキソサイトーシス(開口分泌、exocytosis) 細胞内で作られ膜に包まれた小胞が細胞膜と融合して内容物を放出する。タンパク質や多くのホルモンなど。 透出分泌(diacrine) 細胞膜に溶解しうる物質が透過、あるいは細胞膜にあるポンプを通して出す。ステロイドホルモン、胃酸など。 作用様式による分類 [編集] 内分泌で分泌された物質が、標的となる細胞にどのように到達し作用するかについて、本来の(狭義の)内分泌との対比から、以下のように分類される。 エンドクリン(内分泌、endcrine) 分泌された物質が、体液によって分泌した細胞から離れた器官に運ばれ、そこで作用する。 パラクリン(傍分泌、パラクライン、パラ分泌、paracrine) 分泌された物質が、分泌した細胞の近隣の細胞に作用する。 オートクリン(オートクライン、自己分泌、autocrine) 分泌された物質が、分泌した細胞自身に作用する。 エンドクリンはホルモンなどに見られる機構であり、いわゆる内分泌の典型的な様式である。これに対して、パラクリンやオートクリンは神経伝達物質、オータコイドやサイトカインに見られる作用様式で、「外分泌/内分泌」という広義の分類ではいずれも内分泌にあたるが、その作用様式からはホルモンなどに見られる狭義の内分泌(エンドクリン)とは区別される。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
6