美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

医療 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

医療(いりょう)とは、人間の健康の維持、回復、促進などを目的とした諸活動について用いられる広範な意味を持った語である。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
豊胸手術 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

豊胸手術(ほうきょうしゅじゅつ)とは乳房を大きくする手術を指す。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
レーザー脱毛 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レーザー脱毛(レーザーだつもう)とは、レーザー光が特定の色に吸収されるという特性を用いた、脱毛方法のひとつ。レーザーの種類としては固体レーザーとなる。照射には医師免許が必要とされるが、エステティックなどでも使用されているため、クリニックでの照射を医療レーザー脱毛と区別して呼ぶこともある。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ボツリヌストキシン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ボツリヌストキシン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ボツリヌストキシン (Botulinum toxin) は分子量が15万ほどのタンパク質で、ボツリヌス菌が産生する毒素である。ボツリヌス毒素とも呼ばれる。 ボツリヌストキシンの分子構造 ボツリヌス菌食中毒の原因となり、極めて毒性が強い(致死量:ヒトに対しA型毒素を経口投与した場合、体重1kgあたりの致死量が1μg[1] と推定されている。マウスに対する最小致死量 (MLD) は 0.0003 μg/kg[2]。)。毒素としては、破傷風菌が産生するテタノスパスミンをも上回る毒性を持つと言われている。しかし、加熱するかアルカリで処理すると失活して毒性がなくなるため、十分加熱すれば安全である。(ただし、ボツリヌス菌の芽胞は耐熱性を持つ)ボツリヌストキシンは毒素の抗原性の違いによりA~G型に分類されるが、サルへの経口投与によるデータではB型毒素への感受性が最も高い。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
眼瞼痙攣 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

眼瞼痙攣(がんけんけいれん、Blepharospasm)は両方のまぶたの筋肉が攣縮を起こし、まぶたが開けにくい状態をいう。不随意運動であるジストニアの一種で、局所性ジストニアである。日本神経学会での正式用語は眼瞼攣縮(がんけんれんしゅく)。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
       
5