美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

治療 [編集] 腋臭症の治療法は保存療法と手術療法に分けられる。手術療法のいずれにも健康保険を適用することができる。しかしながら、診療報酬の割合と手術の手間の著しい乖離から、民間病院では自由診療扱いで治療する場合が多い。 保存療法 [編集] 腋毛の処理 [編集] 腋毛の処理をすることにより、腋に汗などの皮膚分泌物が多量に保持されるのを防ぎ、また常在菌の培地が減る事により汗などの分解量を軽減して腋臭臭も軽減出来る。脱毛に関しても同じ原理である。但し、腋毛の処理、脱毛も腋臭臭の原因であるアポクリン腺に対し直接作用する訳ではない。また、制汗剤の治療と混合することにより効果は増す。只、腋の皮膚を傷めると制汗剤も使用できなくなる場合があるので、十分な注意が必要である。 アルコール消毒 [編集] 市販の消毒用のエタノール水溶液又はイソプロパノール水溶液を脇部に塗布して、臭いの元となる常在菌を殺菌する。前述の脇毛の処理と併せて行えばより効果が高い。 制汗剤 [編集] 制汗剤は多くの薬局等で販売されている。これは、殺菌作用があるため、皮膚常在細菌を殺し、汗などが分解されるのを軽減することにより臭いの発生も軽減させるものである。しかし、これは腋臭臭の原因であるアポクリン腺に直接作用する訳ではないので一時的に臭いの発生を抑えるものである。といっても、軽度~中度の人は制汗剤により臭いの発生を抑えられる。なお塩化アルミニウムの配合された制汗剤の場合は、汗腺に対し直接作用するので汗そのものに対する効果も期待できるが、日本では塩化アルミニウム配合の制汗剤は主流ではなくあまり販売されていない。 ボトックス注射 [編集] A型ボツリヌス毒素製剤(商品名ボトックス)を注入することにより、汗の分泌を促進させる神経伝達物質アセチルコリンを抑制させ、発汗自体を抑制させる。1回の注入で4ヵ月から6ヵ月間効果が持続する。
投稿者 小宗クリニック③ (2010年2月22日 16:40) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :