美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

グリコサミノグリカン 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 移動: ナビゲーション, 検索 グリコサミノグリカン(glycosaminoglycan)は、長鎖の通常枝分れがみられない多糖。動物の結合組織を中心にあらゆる組織に普遍的に存在する。以前はムコ多糖と呼ばれていた。GAGと略されることが多い。 硫酸基が付加した2糖の繰り返し構造からなる。うち1つはアミノ糖(ガラクトサミン、グルコサミン)であり、もう1つはウロン酸(グルクロン酸、イズロン酸)またはガラクトースである。多数の硫酸基とカルボキシル基を持つために、強く負に帯電している。 多くのグリコサミノグリカンは、プロテオグリカンとしてコアタンパク質と呼ばれる核となるタンパク質に付加した形で存在している。唯一の例外は、ヒアルロン酸であり、プロテオグリカンとしては存在していない。 主なグリコサミノグリカン [編集] グリコサミノグリカン 略号 アミノ糖 ウロン酸 硫酸基 ヒアルロン酸 HA D-グルコサミン D-グルクロン酸 - コンドロイチン4-硫酸(コンドロイチン硫酸A) CS D-ガラクトサミン D-グルクロン酸 O-硫酸 コンドロイチン6-硫酸(コンドロイチン硫酸C) D-ガラクトサミン D-グルクロン酸 O-硫酸 デルマタン硫酸(コンドロイチン硫酸B) DS D-ガラクトサミン L-イズロン酸 O-硫酸 ケラタン硫酸 KS D-グルコサミン D-ガラクトース O-硫酸 ヘパラン硫酸 HS D-グルコサミン L-イズロン酸 N-硫酸 D-グルクロン酸 O-硫酸 ヘパリン D-グルコサミン L-イズロン酸 N-硫酸 D-グルクロン酸 O-硫酸 関連項目 [編集] * ライソゾーム病 * ムコ多糖症
投稿者 小宗クリニック③ (2010年2月22日 16:33) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :