美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

生産・利用 [編集] 鶏冠、臍帯などから良質のヒアルロン酸が単離されるが、最近では乳酸菌や連鎖球菌により大量生産される。 関節炎や角結膜上皮障害の治療薬、白内障・角膜移植手術時における前房保持剤として利用するほか、過酸化水素水と混ぜ合わせたものをがんの放射線治療の増感剤として用いたり、化粧品などに保湿成分として添加する。 また、ヒアルロン酸入り化粧水を利用したシャボン玉液がある[1]。これはヒアルロン酸の保水力や粘性の大きさに着目したもので、割れにくいシャボン玉になる。毛糸の手袋や軍手を使用すると、弾ませることができる。 経口摂取 [編集] 人体の水分維持に大いに貢献しているヒアルロン酸だが、それを補うとして、健康食品・サプリメントとしてヒアルロン酸の経口摂取を謳った商品が存在するが、ヒアルロン酸の経口摂取によるヒトでの有効性については信頼できるデータは見当たらないとされ[2]、疑似科学の可能性がある、とも言われている。 ヒアルロン酸の基本構造はヘキスロン酸 (GlcUA) とヘキソサミン (GlcNAc) の連続であり、それぞれのグリコシド結合はα1→3結合が大半であり、アミラーゼによって分解される。そのため、経口摂取によって軟骨やマトリックス組織に補充されるという考えは生化学者の大半[誰?]が否定する。例えるなら「頭髪を食べれば毛が生え、脱毛症は治る」と言った類のものであり、幾多の研究が重ねられている育毛剤業界も震撼するほどの突飛な理論展開であるとも言われている。 また、経口摂取の安全性についても実証されていない。
投稿者 小宗クリニック③ (2010年2月22日 16:31) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :