美容外科は大阪心斎橋の二重まぶたと鼻のプチ整形専門クリニック
HOME>美容情報ブログ

美容情報ブログ

医学 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

医学(いがく)とは、生体の構造や生理機能についての探求や、疾病の性状、原因について調査し、その診断、治療、検査、予防等についての研究診療を行う学問。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
麻酔科学 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

麻酔科学(ますいかがく、英: Anesthesiology)は、手術などの麻酔を中心とした医学一分野のひとつ。最近では生命維持全般を扱うにまで発展している。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

目は顔の印象を決定づける重要なパーツです。 一般的に行われている二重まぶた手術の代表的な「埋没法」は、手術技法が簡単で非常に早く終わるので広く行われていますが、糸で留めているだけなので、糸が切れて一重に戻ってしまうこともあるのです。 一重に戻ってしまう期間は人によって違いますが、1ヶ月の方もいれば10年後に外れる方もいます。また、腫れが長引く場合もあるので、注意して主治医を決めることをお勧めいたします。二重でも、するからにはきちんとした説明と勘違いしていない医療技術で対応すべきです。 当院の麻酔は、ごく少量の局所麻酔薬をまぶたに注射します。従来の局麻に比較して、腫れない麻酔です。二重(ふたえ)は、こだわりのある人にこそ、センスや技術が大切です。 二重瞼と鼻のプチ整形の心斎橋の美容外科コムネクリニックです。
メディカルエステ(心斎橋)も行っております。
クリニックによるエステは心斎橋のコムネクリニックへ!

投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
komune clinic@shinsaibashi
二重瞼と鼻のプチ整形の心斎橋の美容外科コムネクリニックです。
メディカルエステ(心斎橋)も行っております。
クリニックによるエステは心斎橋のコムネクリニックへ!

投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
美容外科大阪心斎橋コムネクリニック

レーザー [編集] 1957年、ベル研究所に勤めていたチャールズ・タウンズとアーサー・ショーローは、赤外線レーザーを真剣に研究し始めた。研究が進むと彼らは赤外線をやめ、可視光線に集中するようになった。当初この概念は「光学メーザー」と呼ばれていた。1958年、ベル研究所は光学メーザーについての特許を出願。同年、ショーローとタウンズはフィジカル・レビュー誌に光学メーザーの理論計算の原稿を送り、それが掲載された(Volume 112, Issue No. 6)。 同じ頃、コロンビア大学の大学院生ゴードン・グールドは、励起したタリウムのエネルギー準位についての学位論文を書いていた。グールドはタウンズと会って電磁放射の放出について話し合い、その後の1957年11月、"laser" や開放共振器のアイデアについてノートに書いた。さらに1958年、プロホロフも独自に開放共振器の使用を提案し、ソ連国内でそれを発表した。アメリカでもショーローとタウンズが開放共振器を使ったレーザーの設計で合意に達していた。彼らはプロホロフの発表も、グールドの未発表のアイデアも知らなかった。 1959年の学会で、ゴードン・グールドは論文 The LASER, Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation の中で初めて "LASER" という言葉を公けにした[5][6]。グールドは、マイクロ波が "maser" なら、同様の概念には全て "-aser" を後ろにつけ、光 (light) なら "laser"、X線なら "xaser"、紫外線なら "uvaser" と呼ぶことを想定していた。しかし、レーザー (laser) 以外の用語は定着しなかった。 グールドのノートにはレーザーの用途として、分光法、干渉法、レーダー、原子核融合などが書かれていた。彼はその考えを発展させ、1959年4月に特許を出願した。しかし米国特許商標庁はグールドの出願を却下し、1960年にベル研究所に特許を与えた。そのため、28年におよぶ訴訟となった。グールドは1977年にマイナーな特許で勝利を勝ち取ったが、光ポンピングとガス放電を使ったレーザー装置についての特許をグールドに与えることを法廷が特許庁に命令したのは1987年のことだった。 1960年5月16日、カリフォルニアのヒューズ研究所のセオドア・メイマンが、コロンビア大学のタウンズやベル研究所のショーロー[7]やTRG (Technical Research Group) のグールドに先駆けて、最初のレーザー発生装置を開発した[8][9]。メイマンのレーザー装置は、ポンピング用の閃光放電管で合成ルビーを励起させるルビーレーザーであり、694ナノメートルの波長の赤い光を発生させる。しかし3準位レーザーであるため、パルス発振しかできなかった。直後にイラン人物理学者 Ali Javan と William R. Bennett、Donald Herriot が、ヘリウムとネオンを使った初のガスレーザーを開発した。Javenは1993年にアルバート・アインシュタイン賞を受賞した。バソフとJavenは半導体レーザーの概念を提案した。1962年、Robert N. Hall がガリウムヒ素を使った半導体レーザー素子を開発し、850ナノメートルの近赤外線レーザー発生に成功した。直後にニック・ホロニアックが可視光の半導体レーザーの実験に成功した。初期のガスレーザーと同様、初期の半導体レーザーはパルス発振しかできず、液体窒素で冷却する必要があった。1970年、ソ連のジョレス・アルフョーロフ、林厳雄、ベル研究所の Morton Panish がそれぞれ独自に常温で連続発振できるヘテロ接合構造を使った半導体レーザー素子を開発した。
投稿者 小宗クリニック③ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1